VIO脱毛の真実

VIO脱毛の粘膜までキレイにするならアリシアクリニックがおすすめ

更新日:

VIO脱毛する人が増えていますね。でも意外なことに、VIO脱毛は脱毛効果や仕上がりに「こんなはずじゃなかった!」と後悔する人が多い部位なんです。
そのわけは、粘膜に生えている毛は脱毛サロンでは処理できないから。VIOをキレイにするには粘膜も照射できるクリニックがおすすめです。
他にもクリニックの方がメリットが多いので、合わせて詳しく解説します。

VIO脱毛で粘膜も脱毛範囲?

まずはVIO脱毛の基礎知識をおさらいしていきましょう。

・VIO脱毛の場所と部位
VIO脱毛の場所は、いわゆるデリケートゾーンを指します。Vラインは、前から見てちょうどショーツで覆われる範囲を指します。Vラインのみ、腿との境目やへそ下など部位が細かく分かれます。Iラインは股のつけ根から肛門までの範囲、Oラインは肛門周りとなります。これらの範囲は脱毛サロンやクリニックによって多少違いがあります。

・粘膜はどの部分にあたるのか
VIO脱毛で粘膜と言われるのは、Iラインの小陰唇周辺を指すことが多いです。この粘膜部分の奥の膣周辺は照射範囲に含まれません。

・そもそも粘膜に毛は生えているの?
個人差はありますが、粘膜に生えている人は少なくないのだそう。Iラインの外側だけを脱毛すると、中央の粘膜部分が残ってしまうと気になる人も多いようです。

・粘膜脱毛は安全?
脱毛サロンでは、粘膜の脱毛は安全のため行っていません。粘膜を脱毛できるのは、医療機関であるクリニックのみです。もちろんクリニックなので医療知識のあるスタッフが担当するので安心です。

VIO脱毛はどうやるの?自己処理方法や痛みについて

デリケートゾーンの正しいムダ毛の処理方法を知っていますか?間違ったやり方では処理がうまくいかなかったり肌を傷つけてしまったりするので、まずは正しいやり方を確認しましょう。

・VIO脱毛の自己処理方法

他の部位と違い、デリケートゾーンは敏感で傷つきやすい場所です。凹凸や小さい部位があるため、カミソリではなく専用の電気シェーバーやフェイス用のシェーバーを使うと処理しやすいです。

まず毛が長い場合はハサミなどでカットします。Vラインの毛を残したい場合も、ざっと余分な毛をカットしておきましょう。

電気シェーバーは基本的に上から下方法に動かします。毛の流れに逆らわないようにして、凹凸のある部分は肌を引っ張りながら剃るとうまくいきます。剃り終わったらローションなどで保湿します。

・VIO脱毛時の服装
サロンやクリニックで脱毛する場合、ショーツを脱いで用意されている紙ショーツなどに着替えます(何もない場合もあります)。

VIOだけの脱毛なら、上半身は脱ぎません。ピッタリしたガードルやショーツ、ジーンズは肌がこすれて肌に負担がかかるので、締めつけないスカートや肌にやさしいコットン素材のショーツがおすすめ。

・VIO脱毛時の体勢は?
脱毛する時は当然肌を見られてしまうので、恥ずかしさを伴います。特にデリケートゾーンを見られるのは抵抗がある人も多いでしょう。そうした気持ちに配慮して、なるべく肌が露わになる時間を短くするようにテンポよく施術は進みます。

VIO脱毛を脱毛する時は、紙ショーツなどを用意しているところが多いようです。Vラインは仰向けになり、ショーツをずらしながら照射していくことが多いです。

Iラインは仰向けで片足を立てるか外側に倒した状態で少し股を開きます。ショーツを脱ぐかずらしながらの照射になります。

Oラインは四つんばいや横向きになるなど、サロンやクリニックによって違いがあります。

・痛みが辛い時は麻酔があるクリニックを利用
VIO脱毛は他の部位よりも肌が敏感なため、痛みが強いのが特徴です。クリニックはパワーがあるため痛みも強いですが、麻酔を使うことができます。

粘膜まで脱毛するならクリニックがおすすめ

VIO脱毛はクリニックで脱毛するとメリットが多く、最近は脱毛サロンからクリニックに乗りかえる人も増えています。

・脱毛サロンとクリニックの違い
脱毛マシンは出力の強さが全然違います。脱毛サロンでは光脱毛を採用しており、肌にやさしく痛くないのが特徴ですが、脱毛効果は弱め。出力が弱いため、サロン通いを止めたら毛が元通りになってしまった人も。

クリニックは出力の強いレーザーを使用するため痛みが強いですが、脱毛効果は抜群です。少ない回数で満足する人が多く、毛の再生がしにくいというメリットも。

・脱毛サロンでは粘膜部分は脱毛出来ない
医療機関ではない脱毛サロンでは、粘膜への照射はできません。そのため、粘膜の毛を処理したいならクリニックがおすすめです。

・脱毛回数が特に必要なVIO部分は、医療脱毛またはニードル脱毛がおすすめ
VIOラインの毛は毛根が深く、脱毛回数は他の部位より多くかかってしまいます。脱毛サロンの光脱毛はパワーが弱いので、かなりの回数通わないと効果を実感しにくいでしょう。

クリニックの医療脱毛なら脱毛サロンの半分以下の回数で満足する人がほとんど。なお、しつこい毛はニードル脱毛で処理する方法もあります。

・医療脱毛した場合に必要な脱毛回数
医療脱毛の場合は、5~8回でほぼ満足する人が多いです。毛が少ないなら3回程度でもかなりすっきりした印象に。

VIO脱毛の粘膜まで脱毛するならアリシアクリニック

粘膜まで脱毛したい人に人気なのが「アリシアクリニック」です。アリシアクリニックのメリットとデメリットをみていきましょう。

・アリシアクリニックで脱毛するメリット
・・粘膜ギリギリまで照射OK
・・脱毛し放題がある
・・麻酔を使える
・・シェービングサービスがある

実はすべてのクリニックで粘膜に脱毛できるわけではありません。アリシアでは粘膜ギリギリまでの脱毛が可能なので、仕上がりに満足する人が多いのだとか。

またVIOコースは5回、8回、脱毛し放題の3つがあり、毛の量や仕上がりに合わせてコースを選べます。毛が多い人やハイジニーナにしたい人も安心ですね。

シャービングについては、VIOのような自己処理が難しい部位の剃り残しは無料で対応してくれるようです。ただし自己処理をまったくしていない場合は、別途料金がかかってしまうことがあるので注意しましょう。

・アリシアクリニックで脱毛するデメリット
・・院が首都圏にしかない
・・太ももの1部は別料金
アリシアクリニックの最大のデメリットは、全国に院がないこと。人気があって通いたくても、遠いと難しいですね。

またVIOからつながって太ももまで毛が生えている場合は、別料金が発生します。ただ照射範囲が広くなければ1ショット1,000円程度なので安いです。

アリシアクリニックのVIO脱毛メニュー

アリシアのVIO脱毛メニューは少し変わっており、次の2つのプランがあります。
・ビューティ
・スムース
ビューティは毛をある程度自然に残したい人向け。照射範囲はVラインは陰部を除いた部分、Iラインは粘膜以外、Oラインは肛門周りまで。

スムースはハイジニーナにしたい人や毛が広範囲に広がっている人に向いています。照射範囲はVライン全体、Iラインは粘膜を含み、Oラインは肛門周りまで。

・気になる料金
ビューティ 61,900円(5回)、92,880円(8回)、118,800円(脱毛し放題)
スムース 85,900円(5回)、123,760円(8回)、165,000円(脱毛し放題)

もしムダ毛が多かったりハイジニーナにしたい場合は、脱毛し放題がお得です。11回以上通えば、8回コースより割安になります。

・おすすめ脱毛回数は?
VIOの毛を自然に薄くする程度でいいなら5回、もう少しスッキリさせたいなら8回、ハイジニーナにしたい場合や毛が多いなら脱毛し放題がいいでしょう。毛の量は個人差があるので、迷ったらクリニックで相談してみるといいかも。

アリシアクリニックの徹底調査と評価、無料カウンセリングのことはこちら
アリシアクリニックの体験談はこっちです

まとめ

粘膜にある毛を処理すれば、見た目はもちろん蒸れや生理の時の不快感を軽減できます。粘膜を脱毛したいならクリニックの脱毛が早道です。
ただしクリニックによっては粘膜を対象外にしていることがあるので、契約前に粘膜まで照射できるか必ず確認しましょう。

-VIO脱毛の真実

Copyright© 全身脱毛ツルスベなび!満足度200%の全身脱毛をプロがアドバイス , 2018 AllRights Reserved.